冬の楽しみ方

園芸用品

冬でも色とりどりの花を楽しめる

冬はクリスマスといったイベントの存在があり、このことからクリスマスカラーのポインセチアを見かけることが多くなります。ですが、冬の植物はポインセチア以外にもたくさんあります。色とりどりの花が多くあるので、冬でもガーデニングを楽しむことができますよ。

観葉植物も楽しめる

上記にあるように、冬でも色とりどりの花を楽しむことができます。花だけでなく、観葉植物も楽しむことができます。観葉植物も花と同じように、寒さに強い品種があるので、季節を問わずに植物の成長を見守ることができるのです。

耐寒性があるものを選ぶ

上記の二項目で紹介されているように、冬でも花と観葉植物を楽しむことができます。冬でもこれらを楽しむ方法ですが、ガーデニングの場合では耐寒性がある品種を選ぶ必要があります。耐寒性がある品種はたくさんあるので、好みのものを選ぶことができますよ。

人気がある冬の白い花

no.1

スノードロップ

スノードロップは花の形がチューリップに似ている球根植物で、花が咲くと春が近いと言われています。このことから、スノードロップは春の使者とも言われています。花は朝になると咲いて、夕方になると閉じてしまいます。

no.2

スイートアリッサム

花の大きさは小さめで、とても可愛らしい印象があります。そんな特徴があるスイートアリッサムは白だけでなく、ピンクや紫もあります。白だけだと物足りないという場合、他の色と組み合わせて楽しんでみるのもいいでしょう。

no.3

クリサンセマム

クリサンセマムは頑丈で元気に育ってくれるため、冬のガーデニングでは定番の花になっています。植え方ですが、庭でもプランターでも育てることができるので、初心者に勧められています。そんなクリサンセマムには、ノースポールという別名があります。

選び方と組み合わせについて

植物や花はどのように選べばいいんですか

冬のガーデニングに適した花ですが、寒さに耐えることができる耐寒性のある花を選ぶことが重要になります。が、品種によって耐寒性に違いがあるので、育てることができそうな耐寒性のある植物や花を選ぶといいでしょう。

花の組み合わせはどうしたらいいか

上記で紹介している耐寒性のある花だけでなく、見た目が綺麗になるように色の組み合わせも考える必要があります。冬の花でも黄色や赤などの暖色の花はあるので、暖かさの演出や明るい雰囲気をつくることができますよ。

広告募集中