ハーブを楽しむ|冬でも植物を楽しみたいなら、ポイントなどをしっかり押さえよう

ハーブを楽しむ

レディ

雰囲気づくりのための花や植物だけじゃない

明るい雰囲気を作るためのガーデニングだけでなく、調味料などの加工品をつくることを目的とした栽培も冬でもできます。調味料や加工品目的での栽培には、ハーブが当てはまります。ハーブも品種によっては冬でも育てることができるのです。

お茶にもなっているハーブ

お茶に加工されているハーブはいくつかありますが、その中でもリラックス効果や炎症をおさえる効果があるのがカモミールです。カモミールも冬でも栽培を楽しむことができるハーブです。カモミールは昔から薬草の役割を持っていたこともあって、母の薬草(マザーハーブ)という別名もあります。

ポプリに加工できるハーブ

香りの強さから、お茶だけでなくポプリに加工されているハーブがあります。これに当てはまるのがラベンダーです。ラベンダーは綺麗な紫色の花をつけていて、香りだけでなく見た目も楽しむことができます。ラベンダーは耐寒性はありますが、高温多湿は苦手なので、夏と梅雨の時期の取り扱いには注意が必要です。

広告募集中