花の色で明るくする|冬でも植物を楽しみたいなら、ポイントなどをしっかり抑えよう

明るい雰囲気を作ることができる

品種によっては耐寒性があることから、冬でも植物や花の栽培を楽しむことができます。特に花ですが、色によって明るい雰囲気を作ることができるので、どんよりとした天気が多い冬には欠かせません。そこで、どんな花が冬のガーデニングに選ばれているか見ていきましょう。

花の色で明るくする

ガーデン

ユリオプステージー

ユリオプステージーの花の色は黄色一色しかありませんが、草花のように小さくてとても可愛らしい見ためをしています。耐寒性はあることはあるのですが、霜に当たってしまうと株が傷んで弱まってしまうので、置き場所には注意が必要です。

プリムラ

プリムラには白や黄色、ピンクや紫などいろんな色の花があります。花色が豊富ということから、プリムラは冬のガーデニングの定番の花に選ばれています。品種によって形に違いがあるので、色だけでなく花の形も楽しむことができます。

ガーデンシクラメン

名前からイメージできるように、ガーデンシクラメンはシクラメンの仲間です。このシクラメンは品種改良したことによって、耐寒性がつきました。ガーデンシクラメンは一般のシクラメンと比べてサイズが小さいので、寄せ植えもできます。

フクジュソウ

フクジュソウはお正月(新春)を祝うためのおめでたい花で、花の色は黄色です。ですが、フクジュソウの花の色は黄色だけでなく、白やオレンジもあります。黄色以外のフクジュソウも楽しむことができますよ。また、フクジュソウは乾燥に弱いので、乾燥に気を付けながら育てましょう。

広告募集中