観葉植物を楽しむ|冬でも植物を楽しみたいなら、ポイントなどをしっかり押さえよう

観葉植物を楽しむ

女の人

観葉植物も楽しめる

観葉植物も季節を問わず栽培を楽しむことができます。実際冬に観葉植物の栽培を楽しんでいるという人は多いです。冬に観葉植物を楽しむ場合、花と同じように耐寒性のある品種を選ぶ必要があります。耐寒性のある品種は多いので、その中から育てられるものを選ぶといいでしょう。

特徴について

冬でも観葉植物を楽しむことはできますが、他の植物と同じように耐寒性以外の特徴も持っています。耐寒性以外の特徴というのは乾燥の強さ、耐陰性のことを指しています。特に乾燥の強さですが、あるものとそうでないものがあります。

屋内でも屋外でも育てることができる

観葉植物は屋外でも屋内でも育てることができます。冬は耐寒性によっては屋外でも育てることができるもの、そうでないものが出てきます。ちゃんと育てるためには、置き場所が屋内か屋外かを決めて、そこから適した品種を決めてもいいでしょう。

どんな観葉植物があるか

上記にもあるように、観葉植物は耐寒性によって屋外で育てることができるものとそうでないものが出てきます。置き場所にあった観葉植物を選ぶことで、枯れさせることなく植物の成長を見守ることができるようになります。どんなものがあるかチェックしてみましょう。

色んな環境に適した観葉植物

日光がよく当たるベランダ、窓際における

日光がよく当たる場所であるベランダ、窓際に観葉植物を置くことになった場合に適した観葉植物はワイヤープランツが該当します。ワイヤープランツは気温0度までは耐えることができ、日当たりが良いところだと広がって成長します。

耐寒性もあって、日陰にも耐えることができる

植物の成長には日光が必要ですが、日光を当てすぎると日焼けや乾燥の原因になってしまいます。ですが、品種によっては日陰に耐えることができるものもあり、日焼けの問題を気にする必要がありません。これはユッカという観葉植物が該当します。ユッカは乾燥にも強く、初心者でも育てやすい品種です。

病害虫に強くて被害が少ない

ちゃんと成長させるには、病害虫にも注意が必要です。病害虫は植物を病気にする虫のことを言います。ですが、品種によって病害虫に強いものもあります。ガジュマルやオリヅルランなどの観葉植物は病害虫に強い観葉植物で、とても育てやすい品種です。

インテリアプランツとして人気が高い

観葉植物をインテリアのように扱っている人は多く、シャープな見た目からストレリチアレギネが選ばれています。ストレリチアレギネはワイヤープランツと同じく耐寒性が高く、乾燥にも強いです。日光を好むので、日当たりの良いところにおくといいでしょう。

広告募集中